じょるじょるライダース “ツーリングをもっともっと楽しもう!”
トップはじめにメンバーフォトアイテム掲示板リンク
 
夏の北海道めぐり(オンロード)2002.7.28〜8.2(7/30の記録)
 昨晩はテントに入ったとたん雨が降り出した。ボツボツとテントに雨粒が当たる。でも翌朝はお天気でした♪
 朝5時に起床。北海道の朝は早いってお二人に言われていたとおり朝4時頃には空が白み始めてきた。テントを触るとびっちょり。北海道はいつもこうらしい、夜露に朝露。朝の紅茶を3人で飲み、一息ついてから荷物のパッキングを開始。今日は美瑛を目指して走る。みなさんより早めに8時前にキャンプ場を後にする。
 パノラマラインはすごい快晴で気持ちがいい。緩やかなワインディングが続く。バイクの向こうは絶壁! でも柵はとっても華奢なのです! 吹っ飛ぶ勇気はもちろん無いので無理はしません(笑)
 寝起きの俺、トロ〜ンとしてます。気温もウナギ登り、多分30度に近かったのではないだろうか…。ゴアテックスーツが暑いです。
 ニセコパノラマラインも半分を過ぎた頃、雲海に出会いました。おおぉ!! 山が見えないくらい見事な雲海だ! さすが北海道! ……、ん? 道が雲海を目指しているぞ? おやおや? いやな予感がしますね(汗)
 は〜い♪ 僕濃霧! 道が見えないだろう?? 猫型ロボットにやられそうです。60キロ以上出せません。怖いです。寒いです。寒すぎです。ハイビームにしてゆっくり走行。あふ、霧ってこんなに濡れるの!? 全身びちょびちょ。こりゃいかん、とレインスーツを着る。おお、寒さも解決! 一石二鳥! このあとパノラマラインが終わるまでずっと霧でした。ってか岩内に入ってからは雨でした(涙) 時間は8時30分。
 「道の駅いわない」で用を足し(慣れないキャンプでおなか下っちゃった)一路小樽を目指す。276号線に入り5号線に抜ける。そのまま余市へ。ニッカウヰスキーを見学するまもなく5号線を爆走。
 北海道の防火水そうは地面から離れています。これはやっぱり雪が降るからかしら??
 そして9時30分、小樽に到着。やはり観光名所、観光客がたくさんいました。なぜか冷たい視線で見られ、肩身が狭かったです。そういわれればライダー俺以外いないな…。やっぱ観光名所を走るのは間違いか…。隊長が言っていたとおりだ。少し失敗。
 だがしか〜し! 良いお店を発見! ってか教えてもらった。ユニバーサル観光のサヤマさんっておじさんに地元の方が行くおいしいお寿司屋さんを紹介してもらった。その名も「西功」、お値段もそれなりにお高いですけどおいしかったです。食べたのは「海鮮丼」2500円也。大量のウニ、イクラが入り一匹丸まるの特大甘エビ。ううーん、美味。板長に名刺をもらい「来年も来ますね。」と挨拶をしてお店を後にする。満腹満腹♪
 せっかく小樽に来たのだから簡単に観光をする。オルゴール館、うん! 高校の修学旅行を思い出すね! はい、観光終わり!(早っ) だって人が多いんだもん(笑)
 あっという間に何もない景色に変わる。札幌市内は走りたくなかったので札幌を迂回することに。337号線をじゃんじゃん迂回! 気が付くと札幌市内! なじぇ〜!? 地図を見るとぐるっと回って札幌へ…。地図はこまめに見ないとね! 札幌自動車道と並んで走る。渋滞にイライラしながら走る。そして12号線に逃れる。郊外に行くにつれ車が速くなる。おいおい100キロオーバーしてるぞ! 改めて北海道にいるんだなと実感。
 そのまま12号線を走る。そんななかでの一こま。俺こういった写真好きなんだよな〜。電線さえなければ!! 奥の「中心蔵」ってのも泣かせませ。「忠臣蔵」じゃなくて「中心蔵」。泣かせます(笑)
 途中奈井江にある道の駅「ハウスヤルビ奈井江」に入る。時間は11時30分頃(だったと思う)。お茶を飲み一息つく。隣のバイクは女性が乗っていた。ホクレンの旗が揃っていた。ふ〜ん、俺もそろえようかな。と思ふ。でも道北、道東は行かないから無理だな。
 ふと荷物を見る。荷崩れしています。おぉ〜、危ない危ない。
 道の駅を後にして38号線に入る。これからは富良野を目指す。オービスがたくさん見えるな〜。でも行き交う車はかるく80キロ出してる。気にせず俺もその速度で付いていく。そんななか立ち止まって撮影。
 見渡す限り一直線! 車もない! こりゃ飛ばすっきゃないでしょ! あ、また荷崩れしてる(笑)
 富良野に行くまでにこんな感じの直線がたくさん。こりゃ北海道は楽しいね。
 途中滝里湖を見るでっかい湖だな〜。5分ほど眺める。しかし…、車こないなぁ(笑)こんなに道が広いのにねぇ。
 空知川と一緒に38号線を走る。山が綺麗だ。ってかここでも荷崩れしてるじゃないか!! 俺パッキング下手だな…。
 道路の向かい側に行く。ひろ〜い! 風が気持ちいい〜! 天気もじょうじょう! 気分最高! 5分ほど滞在。時間は13時頃(だったと思う)
 道のすぐ横は絶壁、その向かいは上の画像のように大きな草原。北海道はホント楽しいですな。
 そして富良野に突入! 富良野って言ってもちょっと郊外にはいるとずっとこんな感じです。東京都はワケが違うね。メーターを何気なく見ると300キロを走っている。すごいぁ。そして富良野を越え、美瑛に向かう。美瑛に行く途中にある美馬牛が今夜の宿泊場、昨日教えてもらった場所に無事にたどり着けるだろうか…
 15時、無事に美馬牛に入ることが出来た。良かった良かった。方向音痴な俺でも無事に走れる北海道、すごいね! そしてキャンプ地に行くとサカヨリさんが一服していた。聞くと13時には到着していたそうです。早! 軽く談笑をした後、近くにある美馬牛小学校(びばうししょうがっこう)に行く。この学校は観光客のために開放されている不思議な学校。
 これが美馬牛小学校! 通称「美馬小(びばしょう)」。学校に見えないね。鐘が付いてます、すこぶるでかい。なんと! この小学校はパークゴルフが出来るのです! グラウンドがえらい広いですからねぇ。
 美馬小前にてパシャ! サカヨリさん撮影。さすがに中には入れません(当たり前)。そうこうしているうちにオフ車のりのキムラさんも合流。昨晩とメンツは変わっておりません。
 ディナーは豪華にいこうって事になり、みんなで美瑛にある「木のいいなかま(誤字じゃないよ)」と言うお嬢様方が入るような雰囲気のいいお店で食べることに。むさ苦しい男3人には場違いだなと笑いながらお食事。うまかったです。
 その後銭湯に入り、キャンプ場に戻り宴会開始!その時にここのキャンプ場のお話を聞く。なにやら大変な物が見つかったそうです。ここではあえて書きませんが…。とにかく寝るときにはどきどきしましたね(笑)
 そして今夜も盛り上がり10時に就寝。
 本日の天気:晴れ→濃霧→雨→晴れ 走行距離:330キロ
 
当サイトで公開されている画像や文章の無断転載を禁止します。 Copyright(C) 2001-2017 gaou All Right Reserved.